学院長のごあいさつ
伊藤満江   西日本きもの専科学院は、きもの大好きな人達の熱いおもいにより1972年に開校いたしました。
永い歴史を経て今日に至るまで、社会状況も生活様式も随分変わりましたが、きもの好きな人達は増えています。
私達のきもの教室では、なにより基礎の着付けを大切に”自分で着付ける” ”人に着付けてあげる”を春、夏、秋、冬、と日本の四季を通じて楽しんでおります。
いつもの自分と少し違った、心も美しい!!きもの姿、一緒に学びましょう。
日本のきもの文化は魅力がいっぱいです。

   西日本きもの専科学院
      学院長 伊藤満江
  
     
      協会理事長のごあいさつ
    当協会は平成26年をもちまして40周年を迎えます。
これも、ひとえに諸先輩方の努力の賜でございます。
きものは、千年以上もの長い歴史を経て受け継がれてまいりました。
世界に誇れる民族衣装であるきものを次世代へと伝承していくことはとても大切なことと考えています。
協会では、きものに関する知識、技能を習得し向上させ、広く普及していかなければと努力をしているところでございます。
活動といたしましては、勉強会、研究会、各地域のイベント参加、並びに着付教室、美容室様やお客様のご依頼による着付けを行っております。
又、会員同士の親睦会(旅行等)も楽しみの一つです。
どうぞ、専科学院で資格を取得され、この協会で自分の技術を磨き、一生のお仕事として社会貢献できますよう、頑張ってみられませんか。
きもの大好きな方、美しいきものとふれあうと心も豊かになり、とてもいやされますよ。

   西日本きもの専科コンサルタルタント協会
         理事長 篠ア順子
     
    ホームへ戻る