2016年3月3日(木)
第30回きもの供養

天気も第30回という節目の年を祝っているのでしょうか。

暖かい日ざしをうけて梅の花が咲き誇りお雛様が美しく飾られた日吉神社にて、

会員22名の参加のもと、きもの供養がとりおこなわれました。 宮司さまの祝詞で

「近代化の生活では洋装が主流を占めるなか、日本の美しい季節とともに育まれてきた

留袖・振袖・紗のきものをはじめとする“きもの文化”をこれからも長く伝えていって欲しい」と

述べていただきました。

30年という歴史の重みを思い、これからのなお一層の精進を誓いました。

 
 第1回 きもの供養                             第30回 きもの供養
(昭和60年3月3日)                             (平成28年3月3日)
 
 
 神社に映える白梅                             咲き誇る紅白梅
 
 
 美しく飾られたお雛様                           祝詞の奏上
 
 →ホームへ戻る