2011年12月5日(月)
定例勉強会
振袖の帯結び

人の体、使用する着付け用品、すべて十人十色です。着付けの現場では頻繁に思いもしなかった状況に出会います。そんな時でもとっさの応用で帯結びを完成させなければなりません様々なアレンジの方法を身につけておくことは大切です。
今回紹介されたのは”飛翔”と”訪れ太鼓”からのアレンジ、プリーツを生かし流れを利用した美しい帯結び・・・成人式など実際に活用されてはいかがでしょうか?
 
 
         飛翔からのアレンジ                訪れ太鼓からのアレンジ
 
 皆さんの勉強風景
     
 ここがコツですよ!  真剣なまなざし お互いの体を使って実習 
     
 勉強会の片隅で
 
 ホームへ戻る